妊娠中に気になるお腹の黒ずみ

なぜ妊娠中はお腹に黒ずみができるのか?

 

妊娠

 

これまでお腹に黒ずみができたことはなかったのに、妊娠してから黒ずみができてしまう女性は多いです。
突然お腹が黒ずんできて焦ってしまうかもしれませんが、妊娠中に黒ずみができてしまうのにはきちんと理由があります。

 

妊娠中に黒ずみができる理由をあらかじめ知っておき、お腹が黒ずんできても焦らずケアできるようにしておきましょう。

 

妊娠中に黒ずみができてしまう理由のひとつは、ターンオーバーのサイクルが乱れることです。
妊娠中は、女性ホルモンが急激に増加することで、ホルモンバランスが崩れてしまいます。
すると、肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れ、古い肌細胞が新しい肌細胞に生まれ変わるペースが落ちてしまいます。

 

そのため、古い角質や汚れが蓄積されていき、黒ずみができてしまうのです。
また、妊娠中に大量に分泌されるホルモンには、メラニン色素を生成する働きがあります。

 

メラニン色素の生成が活発になってしまうことで、肌に少し負担が掛かるだけでも黒ずみができやすくなってしまいます。
妊娠中にお腹の肌が乾燥していたり、サイズが合っていない衣服を着用して肌に擦れたりすると、黒ずみができやすくなってしまうでしょう。

 

 

妊娠中でもできる黒ずみケア

 

 

妊娠中にお腹が黒ずんできているように感じたら、妊娠中でも簡単にできる黒ずみケアをしていきましょう。
黒ずみの原因となってしまう乾燥と摩擦を防いでいければ、妊娠中にできやすい黒ずみを抑えていけるはずです。

 

まず、保湿をしっかりと行うように心掛けて、お腹の肌の乾燥を防ぎましょう。
特に肌が乾燥しやすくなっているのは、入浴後です。

 

肌に付着した水分が蒸発することで、肌が乾燥しやすくなってしまいます。
入浴後にはボディーミルクやオイルを使用して、お腹の肌が乾燥しないようにしっかりと保湿ケアをしていきましょう。

 

湯舟に保湿力が高い入浴剤を入れたり、乾燥を防ぐことを目的としたボディーソープを使用することなどでも、肌の乾燥を防げます。

 

また、サイズが小さい衣服を着用していると、布と肌の間に摩擦が生じてメラニンを生成することにつながってしまいます。
妊娠するとお腹が大きくなってくる人も多いため、これまでと同じ衣服を着用しているときついと感じることがあるでしょう。

 

ウエストがゴムになっているパンツやスカートを着るようにしていても、サイズが合っていないとお腹に擦れてしまいます。
できるだけ黒ずみを作らないようにするために、妊娠中はゆとりがある衣服を選ぶようにしていきましょう。

 

 

産後に消える黒ずみと残る黒ずみ

 

 

ホルモンバランスが原因でできてしまった黒ずみは、出産を終えると自然に消えていくことが多いです。
そのため、妊娠中に無理してケアをしなくても、黒ずみが綺麗に消えてしまう人もいます。

 

ホルモンバランスが原因でお腹が黒ずんできているように感じる人は、肌を乾燥させないようにしっかりと保湿ケアをしながら、できるだけホルモンバランスが乱れないような生活を送っていきましょう。

 

ホルモンバランスが原因でできてしまった黒ずみは産後に消えることが多いですが、出産を終えても残ってしまう黒ずみもあります。
出産を終えても残ってしまう黒ずみができる原因は、伸びた皮膚によってできるしわです。

 

妊娠すると、お腹が大きくなっていく女性がほとんどです。
産後すぐに伸びた皮膚が戻ることは少なく、多くの女性はお腹の伸びた皮膚が余ってしわしわになってしまいます。

 

このしわが原因でお腹が黒ずんでいるように見えてしまい、産後すぐに消える可能性は低いです。
時間が経つにつれて皮膚の伸びは元に戻っていきますが、産後にはお腹が黒く見えるかもしれないということを覚えておきましょう。

 

伸びた皮膚をできるだけ早く元に戻すためにも、スキンケアをしっかりと行って、肌のハリを取り戻していきましょう。