脇の黒ずみは脱毛の時に恥ずかしい

脇の黒ずみは脱毛時に見られるととっても恥ずかしい!

 

脱毛

脇の黒ずみに悩む女性は意外と多いですが、普段は衣服で隠れてしまうので、「そのうちケアをすればいいや…」「服で隠れて見えないから大丈夫」と思ってしまいがちです。

 

ですが、エステや脱毛サロンで脇毛の脱毛を考えている人は、施術を行う際に脇を見せることになります。
気になっていた脇の黒ずみも見られてしまうことになるので、そのときになって恥ずかしい思いをしてしまわないように、あらかじめ対策を考えておきましょう。

 

そもそも脇の黒ずみはどうしてできてしまうのか、その原因をしっていますか?
脇の黒ずみはさまざまなことが原因でできてしまいますが、特に多いのは「摩擦」と「乾燥」です。

 

例えば、カミソリなどを使用してセルフでムダ毛処理を続けている人は、デリケートな脇の肌をカミソリで傷付けてしまっている可能性が高いです。

 

カミソリでムダ毛を処理した際の摩擦が肌にとっては強い刺激となり、肌が自分自身を守ろうと防衛機能が働くことで、黒ずみの元となるメラニンの活動が活発になってしまいます。
乾燥で肌がデリケートになっている場合も、外部の刺激によって脇の肌がダメージを受けやすくなり、黒ずみができてしまいます。

 

脱毛サロン通いの前に黒ずみケア

 

脱毛サロンで脇を見られても恥ずかしくないように、実際に脱毛サロンに通い始める前に脇の黒ずみケアをしてしまいましょう。
脇に黒ずみができてしまう主な原因は「摩擦」と「乾燥」なので、まずはこの2つの原因をできるだけ取り除く努力をしてみましょう。

 

カミソリで頻繁に脇のムダ毛処理を行うことを避け、どうしてもムダ毛処理をしなければいけないときは、処理を終えた後にきちんと肌を保湿しましょう。
また、脇の肌はデリケートで乾燥しやすい部分でもあるため、普段から乾燥肌に気を付けておくと良いです。
入浴後にボディーミルクやローションで保湿ケアを行ったり、夏場はクーラーなどの冷風で肌を乾燥させないよう気を付けてみたりと、日常生活の中のちょっとした気遣いで乾燥肌を防げます。

 

すでに黒ずみができてしまっている人は、「アットベリー」のような黒ずみ専用のケアアイテムを試してみるのも良いかもしれません。
アットベリーは、肌を保湿して外部の刺激から守り、さらに浸透力の高い美容成分で黒ずみを薄くしていくよう働きかけてくれるジェルです。
敏感肌・乾燥肌でも使えるやさしい処方なので、脇以外の部分をケアすることも可能で、全身の気になる黒ずみ解消を目指せます。

 

 

施術が原因で脇が黒ずむことも!

 

脇のムダ毛処理を定期的に行うのは意外と面倒ですし、自分で処理すると綺麗に仕上がらず、毛穴の黒いポツポツが目立ってしまうこともあります。
そのため、脱毛サロンで本格的な施術を受けて、脇のムダ毛をしっかり処理してしまおうと考える女性は多いでしょう。
多くの脱毛サロンでは、施術に脱毛用のレーザーを使用しており、メラニン色素に反応してムダ毛を効率的に処理できるようになっています。

 

しかし、レーザー脱毛はムダ毛のない綺麗な脇を手に入れられる反面、術後のケアをきちんと行わなければ黒ずみを作る原因になってしまうこともあるのです。
どの脱毛サロンでも、より安全に施術を行えるよう配慮されていますが、人によってはレーザーによる刺激で肌が荒れてしまったり、火傷のような状態になってしまうことがあります。

 

また、脱毛後は肌が乾燥し、敏感になっているため、紫外線などの刺激を受けやすいです。
そのため、脱毛施術を受けている期間は保湿ケアや紫外線ケアをきちんと続けていかなければ、レーザー脱毛で黒ずみができてしまう可能性があるのです。
サロンに通う前からアットベリーで黒ずみケアを行っていた人は、脱毛中も同様にケアを続けていくことで、脇をレーザーによる黒ずみから守れるでしょう。