わきがと黒ずみの関係

わきがの人は黒ずみができやすいのは本当?

 

ノースリーブ

 

わきに黒ずみができてしまうと、Tシャツやノースリーブを着るときに気になってしまいます。
電車でつり革を掴むのが恥ずかしいと感じたり、プールや温泉でわきの黒ずみを見られてしまうのが恥ずかしいと感じている人は多いはずです。

 

誰でも黒ずみができてしまう可能性はありますが、わきがの人は特に黒ずみができやすいと言われています。
では、なぜわきがの人は黒ずみができやすくなってしまうのでしょうか?
わきがの特徴

 

わきがの人は、普段から自分のわきのにおいを気にしています。
そのため、ドラッグストアで売られている制汗剤や汗取りパッドでわきが対策をしている人が多いはずです。
実は、わきがを抑えるための制汗剤や汗取りパッドが、わきに黒ずみを作る原因になってしまっていることがあります。
制汗剤は汗の分泌を抑えてくれるものですが、使用した後にはきちんと洗い流さなければ毛穴に詰まってしまいます。

 

毛穴に汚れが詰まることで黒ずみができてしまうため、制汗剤の洗い残しがわきに黒ずみを作ってしまいます。

 

また、汗取りパッドを着けていると、パッドとわきの間に摩擦が生じてしまいます。
摩擦の刺激でデリケートなわきがダメージを受け、黒ずみができてしまうこともあります。

 

 

わきがの正しいケア方法

 

わきがをケアするために制汗剤や汗取りパッドを使用することで、わきに黒ずみができてしまう可能性があります。
せっかくわきがを改善できても、わきが黒ずんでしまっていると自信を持って露出できませんよね。

 

わきの悩みを増やさないためにも、わきがの正しいケア方法を知っておきましょう。

 

わきから嫌なにおいがしてしまう原因は、汗だけではありません。

分泌された汗に含まれている成分をエサとして繁殖している雑菌が、わきがの原因です。

 

そのため、わきがを改善していきたいと思ったら、まずは雑菌を減らさなければなりません。
わきの下をできるだけ清潔に保つように心掛けて、入浴する際には汗や皮脂汚れをきちんと落とすようにしていきましょう。

 

汗や皮脂が人よりも多いと感じる人のために、洗浄力が強い石鹸やボディーソープが販売されています。
普段使用している石鹸やボディーソープで十分に汚れを落とせていないと感じているなら、新しいものに変えてみるのも良いかもしれません。

 

また、普段の食事がわきがの症状を酷くしてしまっている可能性もあります。
脂っこいものや肉ばかりを食べていると、においがきつい汗が分泌されるようになってしまいます。
食事を改善することで、わきがを抑えることにつながるでしょう。

 

 

黒ずみケア

 

わきの黒ずみが気になる人は、制汗剤や汗取りパッドの使用を控えてみましょう。
わきがの症状を抑える方法は、他にもあります。
わきがケアで黒ずみを酷くしてしまっては大変なので、今からでも違う方法でわきがケアをしていったほうが良いかもしれません。

 

すでに黒ずみが酷くなってしまっている場合には、黒ずみケアも行っていきましょう。
黒ずみができてしまう原因は、メラニン色素の沈着や古い角質の洗い残しです。

 

毛穴の奥に汚れが詰まり、黒ずみになってしまっていることもあります。

わきの皮膚はとてもデリケートなので、強い摩擦を起こしてしまわないように注意しながら、古い角質や毛穴の汚れを落とせるようにしっかりと洗っていきましょう。

洗浄力が強い石鹸やボディーソープを使用すれば、蓄積された汚れを簡単に落とせるかもしれません。
汚れを洗い落とした後には、丁寧な保湿を行います。
保湿をせずに放置していると、肌が乾燥して摩擦の刺激に弱くなってしまいます。

 

下着や衣服の摩擦で黒ずみを悪化させてしまう恐れがあるので、入浴後にはきちんと保湿することが大切です。
保湿クリームを使用しても良いですし、黒ずみ専用クリームを使ってみても良いでしょう。