どうする?妊娠中の黒ずみ

妊娠中の体の変化

 

妊婦

 

妊娠中には、さまざまな体の変化が起こります。

 

普段の健康状態とは違いを感じても、妊娠中であることが原因の場合が多いので、焦らず対処していきましょう。
出産を終えれば自然と解消される変化も多いので、妊娠中はゆっくりと体を休めながら出産を待つのも良いかもしれません。

 

妊娠中は、ホルモンの影響でワキや乳首に黒ずみができてしまうことがあります。
これまではあまり気にならなかった部分に突然黒ずみができてしまうことで、驚いてしまう妊婦さんは多いです。

 

また、同じくホルモンの影響で肌荒れが起こりやすくなります。
ニキビが増えてしまうこともあるかもしれませんが、生活習慣やスキンケアが原因ではなく、ホルモンバランスが原因です。

 

出産を終えてホルモンバランスが落ち着けば、自然に肌荒れが治まることがほとんどです。
焦って皮膚科に相談するよりも、できるだけホルモンバランスを整えるためにリラックスして毎日を過ごすように心掛けていきましょう。

 

他にも、熱っぽさや体の怠さを感じたり、便秘が続くようになったりと、妊娠中はさまざまな体の変化が起こります。
妊娠中に起こりやすい体の変化をあらかじめ調べておけば、焦らず対応していけるかもしれません。

 

 

なぜ黒ずみができるの?

 

妊娠中に黒ずみができてしまう原因は、ホルモンです。
妊娠20週ぐらいから、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌が急激に増加します。

 

このホルモンの増加によってホルモンバランスが乱れてしまうことがありますし、メラニン色素の量も増やしてしまうことにつながります。
これまであまり気にならなかったワキや乳首の黒ずみが気になり始め、しみやそばかすも増えるかもしれません。

 

サイズが小さい服ばかりを着ていると、衣服と肌の間に生まれる摩擦で黒ずみができてしまうこともありますが、そうでない場合には妊娠が原因でしょう。
ワキ・乳首・乳輪・外陰部にはメラニン色素が多いため、特に黒ずみやすくなっているので、妊娠による黒ずみを防ぎたい人は定期的にチェックしていきましょう。

 

妊娠中にできる黒ずみは、出産を終えることで徐々に改善されていくことが多いです。
ワキや乳首がどんどん黒ずんでいくのが不安に感じることもあるかもしれませんが、放置していても治ってしまうでしょう。

 

妊娠中はホルモンバランスが乱れがちなので、黒ずみケアを頑張っても色が薄くならないかもしれません。

ケアをすることが負担になるぐらいなら、黒ずみが自然に改善されるのを待ってみても良いでしょう。

 

 

妊娠中にできる黒ずみケア

 

妊娠中にできる黒ずみは、妊娠によって女性ホルモンが急激に増加することが原因です。

 

そのため、出産を終えてホルモンバランスが落ち着けば、黒ずみも自然に薄くなっていくことがほとんどです。
ワキや乳首が黒ずんでいくのが不安に感じることもあるかもしれませんが、ケアをしなくても時間が経つにつれて改善されていくでしょう。

 

とはいえ、妊娠中もできるだけ黒ずみができないように対処していきたいと考える女性もいるはずです。
妊娠中に黒ずみケアをしようと思ったら、美白成分が含まれている乳液やクリームで肌を保湿していきましょう。
ビタミンC誘導体などの成分が配合されている美白化粧品なら、黒ずみを防ぐ効果が得られるはずです。

 

た、薬局やドラッグストアなどで売られている黒ずみ専用クリームを使用したり、定期的にピーリングを行って角質を除去するのも良いかもしれません。
自宅で手軽にできる黒ずみケアはいくつかあるので、妊娠中でもストレスを感じない程度に続けていけると良いですね。

 

黒ずみの原因であるホルモンバランスを整えるために、毎日数分でもリラックスできる時間を作るのも効果的です。
好きな音楽を聴いたり、雑誌を読んだりしながら、リラックスタイムを過ごしましょう。