くるぶしはなぜ黒ずむのか

年齢が出やすいくるぶしの黒ずみ

 

くるぶし

 

くるぶしが黒ずんでいると、サンダルやパンプスを履くときに気になってしまいます。
年齢を感じる部分でもあるので、若さを保つためにできるだけ綺麗な状態で維持していきたいですよね。

 

ここでは、くるぶしが黒ずんでしまう原因を知って、正しい対策とケアをできるようにしていきましょう。

 

くるぶしに黒ずみができてしまう主な原因は、摩擦・乾燥・紫外線です。
靴のストラップがくるぶしに当たったり、正座やあぐらをかいた状態で座ることで、肌が擦れて摩擦が起きます。

 

摩擦の刺激によって肌がダメージを受け、メラニンが生成されてしまうことが多いです。
生成されたメラニンが肌に定着することで、黒ずみができてしまいます。

 

また、乾燥肌を放っておくことでも、黒ずみができやすくなってしまいます。
肌が乾燥していると、摩擦や紫外線などの外部からの刺激に弱くなります。

 

ほんの少し肌がダメージを受けただけでも、くるぶしに黒ずみができてしまうことがあるでしょう。
そして、紫外線によってくるぶしが日焼けしてしまうと、さらに肌が敏感になります。
日焼けで生成されたメラニン色素も肌に定着してしまうため、くるぶしが黒くなってしまうでしょう。

 

 

サンダルを可愛く履くための黒ずみケア

 

 

サンダルを可愛く履くために、くるぶしの黒ずみをしっかりとケアしていきましょう。
くるぶしを綺麗に保つことができれば、若々しい印象を与えることもできるはずです。

 

くるぶしに黒ずみを作る原因である、摩擦・乾燥・紫外線を意識しながら、正しいケアをしていくことが大切です。

 

くるぶしの黒ずみをケアしたいときには、保湿を念入りに行うようにします。
肌が乾燥した状態のままだと、摩擦や紫外線などの外部からの刺激に弱くなってしまうため、どんなにケアをしていても黒ずみができやすくなってしまいます。

 

特に入浴後は、肌に付着した水分が蒸発するので、肌が乾燥しがちです。
ボディーミルクやオイルを塗るように心掛けて、くるぶしが乾燥しないように気を付けていきましょう。

 

また、黒ずみの原因はメラニンだけでなく、古い角質が蓄積していることにもあると言われています。
くるぶしに溜まった古い角質を取り除くために、定期的にピーリングを行うようにすると良いかもしれません。

 

ピーリングをするためのジェルは、薬局やドラッグストアで購入できます。
肌のターンオーバーが活性化するような生活を送ることでも、古い角質や肌細胞を効率的に取り除いていけます。

 

 

くるぶしの黒ずみを作らない生活

 

 

くるぶしが既に黒ずんでしまっている人は黒ずみケアをしていく必要がありますが、まだ黒ずみができていない人は、黒ずみを作らない生活をするように心掛けていきましょう。

 

まず、くるぶしに摩擦が生じないように気を付けていきます。
靴のストラップやハイカットの靴がくるぶしに擦れると、摩擦が生じてメラニンを生成してしまいます。

 

普段履いている靴がくるぶしに擦れているなら、くるぶしに当たらないような靴に変えたほうが良いかもしれません。

 

また、正座をすることが多い人や、あぐらをかくことが癖になってしまっている人は、床にくるぶしが擦れていることが多いはずです。
正座やあぐらで座るときには、くるぶしを床に擦りつけてしまわないように気を付けましょう。
椅子やソファーがある場所では、できるだけ床に座らないように心掛けることで、くるぶしに掛かる負担を軽減できます。

 

外出することが多い人は、脚までしっかりと日焼け止めを塗っていますか?
くるぶしに紫外線が当たって日焼けすることで、肌が黒くなってしまいます。
サンダルやパンプスを履いて足元を露出するときには、くるぶしが日焼けしないように日焼け止めを塗ってから出掛けるようにしましょう。