煙草が黒ずみの原因

煙草を吸う人は肌が黒ずむ

 

煙草

 

煙草を吸っているとニキビが増えたり、肌が黒ずんでしまうという話を聞いたことはありませんか?
煙草を吸うことが肌にとってあまり良いことではないのは、何となく想像がつきます。

 

では、煙草を吸うことで、具体的にどのような影響が肌に出てしまうのでしょうか。

 

煙草には、有害物質であるニコチンが含まれています。
ニコチンの働きによって毛細血管が収縮すると、血液中を流れて運ばれるはずの栄養や酸素が正常に行き渡らなくなってしまいます。

 

そのため、ターンオーバーが乱れて肌の調子が悪くなったり、健康面に影響が出たりしてしまうのです。
肌のターンオーバーが乱れると、ニキビやしみ・しわなどの肌トラブルを引き起こす原因になりますし、どんどん肌の老化が進んでしまいます。

 

「煙草を吸うとニキビが増える」「煙草を吸い続けると肌が黒ずんでいく」などの噂は、ニコチンによる肌への影響からきているようです。

 

肌をできるだけ若々しく綺麗に保っていくには、煙草を控えることをおすすめします。
また、自分は煙草を吸っていなかったとしても、身近な人が吸っていることでニコチンを吸い込んでしまう恐れがあります。
肌を守るために、受動喫煙にも気を付けたいですね。

 

 

肌への影響

 

 

煙草を吸うことで、肌に悪影響が出てしまうことがあります。
煙草に含まれているニコチンは、毛細血管を収縮させて血液の流れを悪くします。

 

血流が悪くなることで、肌を健康的に保つために必要な栄養や酸素が十分に運ばれなくなってしまうため、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。
肌のターンオーバーが乱れることで、ニキビができやすくなったり、しみ・しわが増えるなどの肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。

 

また、煙草を吸うと体内のメラニンが増えると言われています。
メラニンが体内で生成されることで、肌が黒くなってしまうことは知っている人も多いでしょう。

 

煙草を吸っている人の体内にあるメラニン量は、煙草を吸っていない人の体内にあるメラニン量の1.5倍から2倍であると言われています。
メラニンの影響で肌が少しずつ黒ずんでしまうため、煙草を吸っている人は肌が黒くなると言われているのです。

 

肌の黒ずみを抑えるために、メラニンの生成を防ぐと言われているビタミンCを積極的に摂取するようにしている人は多いです。

 

しかし、煙草を吸うと大量のビタミンCが消費されてしまうので、ビタミンCで黒ずみケアをしようと思ってもあまり効果が期待できません。
肌が黒くなってしまうことを防ぐためには、禁煙することが効果的です。

 

 

周囲に喫煙者がいても同じこと

 

 

肌トラブルを防いで美肌を保つために、煙草を控えるのはとても効果的なことです。
煙草を吸っていると、ニコチンの影響で肌トラブルが起こりやすくなってしまいますし、肌がみるみる衰えていってしまいます。

 

美肌効果があると言われているビタミンCなどの効果も期待できなくなってしまうので、できるだけ肌を綺麗に保ちたいと考えているなら、煙草を控えるのが正解です。

 

しかし、自分では煙草を吸わないように気を付けていても、周囲に喫煙者がいると影響を受けてしまう可能性があります。
煙草から出る煙には、煙草本体と同じようにニコチンなどの有害物質が含まれています。

 

寧ろ、煙草から出る煙にほうが有害物質が多く含まれていると言われており、受動喫煙者のほうが煙草の影響を受けやすいです。

 

そのため、自分は煙草を吸わないようにしていても、喫煙者が吸っている煙草の煙を吸い込むことで、肌に悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。
煙草を防いで美肌を維持したいなら、自分が煙草を吸わないように気を付けるだけでなく、周囲の喫煙者が吸っている煙草の煙にも気を付けなければなりません。

 

恋人や家族が頻繁に煙草を吸っているなら、一緒に禁煙していけるように話し合ってみましょう。